×

東京五輪採用目指し空手PR 元世界女王が「形」披露

[ 2015年2月2日 05:30 ]

PRイベントに参加した(左から)岩田、高野、宇佐美さん

 20年東京五輪での実施に向けた空手のPRを担うアンバサダー就任イベントが東京ミッドタウンで開かれ、12年世界選手権王者で13年に現役を退いた宇佐美里香さん(28)、13、14年全日本少年少女選手権覇者の高野万優(まひろ、8)、慶大医学部4年の岩田樹里が任命された。

 宇佐美さんと高野は特設会場で形の演武を披露し、買い物客ら約500人の視線をくぎ付けにした。宇佐美さんが「空手が五輪に正式に採用されるように頑張りたい」と話すと、高野は「五輪に出て優勝したい」と意気込んだ。

 13年ワールドゲームズを制した“空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ”こと植草歩(22)も同席し「目指すべきものがあると頑張れます」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年2月2日のニュース