×

ソチ五輪代表の貫録 押切美沙紀が個人2冠

[ 2015年2月2日 05:30 ]

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は1日、群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクなどで行われ、スピードの成年女子1000メートルはソチ五輪代表の押切美沙紀(山梨・富士急)が1分22秒22で制し、1500メートルに続き個人2種目で優勝した。

 少年男子5000メートルは横山碧生(山形・山形中央高)が勝った。同1000メートルは山田将矢(北海道・池田高)が制した。

 アイスホッケーの少年は北海道が12連覇を達成し、成年は青森が制した。ショートトラックの500メートルで成年男子はソチ五輪代表の坂下里士(愛知・トヨタ自動車)が優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年2月2日のニュース