グランプリの羽生 世界選手権へ「今できる演技をしっかり」

[ 2015年1月30日 05:30 ]

「2014毎日スポーツ人賞」表彰式

(1月29日 東京都渋谷区・セルリアンタワー東急ホテル)
 グランプリを受賞したフィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリスト・羽生は病気療養中のため表彰式を欠席した。

 昨年末に「尿膜管遺残症」と診断されて腹部を手術。「本日は歴史と伝統ある2014毎日スポーツ人賞(グランプリ)を受賞させていただきましたこと、心より感謝申し上げます」とコメントを寄せた。既に退院し、リハビリを始めており、練習再開のめどが立てば拠点のカナダ・トロントに戻るという。

 連覇が懸かる3月の世界選手権(中国・上海)に向け「今できる演技をしっかりしたいと思っております」と気合を入れた。表彰式では羽生がGPファイナルのエキシビションで使用した「The Final Time Traveler」を歌う歌手のサラ・オレインが羽生の快癒と受賞者の祝福を兼ねて生歌を披露した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年1月30日のニュース