川淵チェアマン バスケ統一新リーグ開幕は「来年10月目標」

[ 2015年1月29日 05:30 ]

タスクフォース発足会見に出席した(左から)バウマン国際連盟事務総長、川淵チェアマン、インゴ・ヴァイス・コーチェアマン

 国際バスケットボール連盟(FIBA)が無期限の国際試合禁止処分を科した日本協会の組織改革を担うタスクフォース(関係者10人の改革チーム)が28日に設立され、日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)がチェアマン(議長)に選任された。都内で会見した川淵氏は「ナショナルリーグ(NBL)とbjリーグをどう一つにするか、それに尽きる」と意気込みを語った。

 課題はNBLとターキッシュエアラインズbjリーグの統合だ。6月上旬までにそのノルマをクリアすることで処分が解かれ、日本代表は16年リオデジャネイロ五輪予選に出場できる。日本協会が6年以上かけて解決できなかったリーグ統一の難題だが「解決できないわけがないと信じている」と川淵氏。サッカーJリーグの設立を支えた“剛腕”を発揮する。同氏は週1度のペースで各チームをヒアリングしてゆく予定。「地域に根差すのがキーワード」と、地域住民、自治体、企業、クラブが協力した「三位一体」の形で改革を推し進めていく方針を明かし、新リーグの開幕時期については「16年10月を目標にやるつもりでいる」と見据えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月29日のニュース