創価大 感激初出場も20位「箱根は甘くなかった」

[ 2015年1月3日 05:30 ]

創価大の1区・山口(左)からタスキを受ける後沢

第91回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)
 創価大は初出場で往路20位と苦しんだ。3年生で主将のエース山口が1区で粘りの走りを見せたが、2、3区とうまくつなげなかった。

 5区のセルナルド(2年)は「箱根は甘くなかった。足も寒くて、顔も冷たくて水もうまく飲めなかった」と振り返った。苦しい場面ではたすきに選手、スタッフら全員の名前を書いたことを思い出し、たすきを握りしめながら「つなぐ」一心で山を上った。沿道からの声援もあり「初出場、頑張れと言ってもらえた」と感激していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース