“村山ツインズ”弟・紘太に軍配 花の2区で激突

[ 2015年1月3日 05:30 ]

城西大の1区・松村(左)からタスキを受ける村山

第91回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)
 注目された2区の“村山ツインズ”の対決。軍配は城西大のエースで弟・紘太(4年)に上がったが、区間1位の東洋大・服部勇には11秒及ばず2位だった。「謙太には勝ったけど、まさか年下の後輩に負けるとは」とうなだれた。

 ハーフ学生記録を持つ駒大の兄・謙太(4年)と号砲前から「区間賞争いはどっちかだ」と意識。自身も仁川アジア大会5000メートル代表まで成長し、3度目の2区で有終の美を飾る青写真を描いていた。

 しかし、大一番を前に右足が腸脛(ちょうけい)じん帯炎を発症。不安を抱えながら、20キロ地点まで快走した。だが、最後の3キロから「手足がしびれて全然力が入らなかった」と余力は残されてなかった。それでも城西大の櫛部監督は「痛みの中では最高の走りをしてくれた」と称えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース