東洋大3位 2区・服部 区間賞も号泣「20秒差つけたかった」

[ 2015年1月3日 05:30 ]

2区、20キロ付近で駒大・村山謙太(左)を引き離す東洋大・服部勇馬

第91回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)
 各校のエースが集結した花の2区。そこで区間賞を獲得したにもかかわらず、東洋大の服部勇(3年)は悔しさにまみれていた。タスキをつなぐとすぐに倒れ込み、5分ほど声を上げて泣きじゃくった。右腕に黒いサインペンで刻んだ「その1秒をけずりだせ」のスローガンが涙に濡れてにじむ。「20秒くらい後ろに差をつけたかったのにできなかった。自分の走りが弱い」。反省の言葉ばかりが口をついた。

 昨年は設楽啓太・悠太兄弟が往路でダブル区間賞を獲る活躍で優勝。その設楽兄弟が卒業し、エースとして臨んだ箱根は「自分が2人の代わりにやらなくては」と気負いがあった。4位でタスキを受け、残り4キロでスパートをかけたところまではプラン通りだったが、実力者がそろう2区ではなかなか大差をつけられない。「(スパートの)最初に入り過ぎた。冷静さを欠いて、後半につけが出た」と悔やんだ。

 往路は3位となったが、酒井監督は「最低でも復路優勝。寒いのでアクシデントがある。諦めずに総合優勝を狙いたい」と力を込めた。鉄紺のタスキはこのままでは終わらない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース