東海大1年・川端が2区で好走 未来のエースがシード権ぐいっ

[ 2015年1月3日 05:30 ]

東海大の1区・白吉(左)からタスキを受ける川端

第91回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)
 東海大ルーキー・川端が花の2区でデビューした。12位でたすきを受けると、5位グループを形成し、7位まで浮上。「つなぎの2区だと思っていた。初めての箱根にしては良い走りができたし、結果もついてきてくれた」。

 世界ジュニア選手権5000メートル日本代表のスピード自慢は、両腕をだらりとさせた独特の走り方で、各大学のエースらと渡り合った。「最後の上りがきつくて、もうひと踏ん張り必要だと思った」と反省も忘れなかった。未来のエースが4年ぶりのシード権を手繰り寄せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース