青学大 当日変更で1区 トップと1秒差2位の久保田から流れつくる

[ 2015年1月3日 05:30 ]

青学大の1区・久保田(左)からタスキを受ける一色

第91回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ)
 当日変更で1区に投入された青学大の久保田は、15キロでスパートするなど積極的なレースを見せた。

 トップの駒大と1秒差の区間2位と好走し、「後ろの選手を楽にしたかった。最低限の流れをつくれた」と納得の表情を浮かべた。2区の一色(2年)は他校のエースと互角に争い、1時間7分45秒の区間3位。「自分のペースに徹した。まだエースという存在じゃないけど、役割は果たせた」と充実感に浸っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース