経営難のNBL和歌山 全日本総合選手権2回戦を突破

[ 2015年1月3日 05:30 ]

バスケットボール 全日本総合選手権第2日

(1月2日 東京・駒沢体育館ほか)
 2回戦が行われ、男子のナショナルリーグ(NBL)勢は、経営難でチーム存続の危機にある和歌山が、和歌山ク(社会人)を76―47で破った。千葉も勝ち進んだが、つくばは拓大に55―65で敗れた。

 女子では早大や東京医療保健大が勝ち進んだ。昨年12月の全国高校選抜優勝大会で3連覇を果たした愛知・桜花学園高は、筑波大に65―88で敗れた。アイシンAW(Wリーグ)は65―50で大阪人間科学大を下した。1日の1回戦で和歌山は明大に80―76で競り勝った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月3日のニュース