16歳の宮原が新女王!SP2位から逆転Vで世界切符獲得

[ 2014年12月28日 19:41 ]

<女子フリー>初優勝を飾り喜ぶ宮原(中央)

 フィギュアスケートの全日本選手権は28日、長野市ビッグハットで世界選手権(来年3月、中国・上海)の代表選考会を兼ねて行われた。女子は、前日27日のショートプログラム(SP)64・48点で2位スタートの宮原知子(16=関大高)が、フリーでトップの131・12点、合計195・60点で逆転優勝。初の全日本女王に輝き、代表切符を手に入れた。

 日本の女子フィギュア界を引っ張ってきた浅田真央(24=中京大)が休養中で、昨年覇者の鈴木明子(29)は引退。次世代の台頭が期待される中、宮原が“新エース”として名乗りを上げた。

 SP首位発進の本郷理華(18=愛知みずほ大瑞穂高)は、フリーで121・93点、合計188・63点で2位。樋口新葉(わかば=日本橋女学館中)が117・47点、合計181・82点で3位に入った。村上佳菜子(20=中京大)は110・74点、合計168・29点で5位に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年12月28日のニュース