羽生 最終調整で3回転ルッツの修正に努める

[ 2014年12月26日 11:42 ]

フィギュアスケート全日本選手権の練習で汗を流す羽生

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・上海)代表選考会を兼ねた全日本選手権は26日午後、長野市ビッグハットで開幕し、男子のショートプログラム(SP)などが行われる。午前の公式練習ではグランプリ(GP)ファイナルで2連覇した羽生結弦(ANA)や、初優勝を狙う前回2位の町田樹(関大)らが最終調整した。

 3連覇を目指す羽生は4回転トーループこそ好調だったが3回転ルッツにミスが目立ち、修正に努めた。町田は冒頭の4回転、3回転の連続ジャンプを成功させた。無良崇人(HIROTA)やジュニアGPファイナル覇者の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)も軽快な動きを見せた。

 村上佳菜子(中京大)や本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)らが出場する女子は27日にSPが行われる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年12月26日のニュース