17歳・山口らがSSファイナル進出

[ 2014年11月27日 05:30 ]

 バドミントンの年間12大会のスーパーシリーズ(SS)上位8人、8組によるSSファイナル(12月17~21日、UAE・ドバイ)に日本勢で女子シングルスの山口茜(福井・勝山高)らが進出した。

 26日までに日本協会に通知が届いた。17歳の山口はファイナル初出場。女子ダブルスでは世界ランキング1位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)と前田美順、垣岩令佳組(ルネサス)が切符。男子シングルスでは田児賢一と桃田賢斗(以上NTT東日本)、男子ダブルスでは早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)が進出した。混合ダブルスでは出場権を逃した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年11月27日のニュース