男子ツアー初“21世紀少年”登場 12歳・三田「予選突破が目標」

[ 2014年11月27日 05:30 ]

21世紀生まれの選手として注目を浴びそうな三田

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン

 男子ツアーで初めて“21世紀少年”が登場する。02年3月30日生まれの三田真弘(さんだ・まひろ、岡山市立京山中1年)が「ジャパンジュニアゴルフオールスター」で優勝して出場権を獲得した。

 普段は学校帰りに1人で練習場で300球を打ち込む努力家。21世紀生まれの選手として注目を集めそうで、「12歳というのは気にせず堂々とやりたい。まずは予選通過が目標です」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年11月27日のニュース