18歳阿武咲が新十両 舛ノ山ら十両復帰

[ 2014年11月26日 10:01 ]

 日本相撲協会は26日、福岡国際センターで大相撲初場所(来年1月11日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、新十両の阿武咲(18)=本名打越奎也、青森県出身、阿武松部屋=ら十両昇進力士3人を決めた。

 青森・三本木農高で2012年に国体少年個人を制した阿武咲は、12月24日の番付発表の際は18歳5カ月20日で、昭和以降10番目に若い昇進。青森県出身では12年初場所の誉富士以来、128人目の関取となる。

 幕内経験のある舛ノ山(24)=本名加藤大晴、千葉県出身、千賀ノ浦部屋=と、明瀬山(29)=本名深尾光彦、愛知県出身、木瀬部屋=が十両に復帰した。

 引退力士8人も発表された。

 ▽新十両

 阿武咲(おうのしょう=本名打越奎也)青森県中泊町出身、阿武松部屋。青森・三本木農高1年で12年国体少年個人優勝。高校を中退し、13年初場所初土俵。得意は突き、押し。175センチ、146キロ。18歳。

 ▽再十両

 明瀬山(あきせやま=本名深尾光彦)愛知県春日井市出身、木瀬部屋。日大から08年初場所初土俵。10年九州場所新十両。得意は突き、押し、左四つ、寄り。182センチ、175キロ。29歳。

 舛ノ山(ますのやま=本名加藤大晴)千葉県栄町出身、千賀ノ浦部屋。06年名古屋場所初土俵。10年九州場所新十両。11年秋場所新入幕。敢闘賞1回。得意は突き、押し。179センチ、172キロ。24歳。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年11月26日のニュース