ラグビー元日本代表の大八木氏は羽生の強行出場に「喝」

[ 2014年11月9日 11:19 ]

大八木淳史氏

 ラグビー元日本代表の大八木淳史氏(53)が9日、TBS系の情報番組「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。人気コーナーの「週間ご意見番」でフィギュアスケートの羽生結弦(19)に「喝」を出した。

 羽生は8日のGPシリーズ第3戦中国杯で男子フリー直前の6分間練習中に閻涵(18=中国)と衝突。頭と顎から流血し、頭に肌色の包帯、顎にはばんそうこうを貼りながら滑り切ったが「ああいう状況で出場さす…本人が決めたことだとは思うけど…誰かが止めなあかん」と言った。

 ラグビーでもタックルなどで脳震とうを起こすことも多く、「脳振盪 ガイドライン」が設けられ、その後のプレーの制限などが決められている。それだけに体調を心配。野球評論家の張本勲氏(74)も「あごと頭だからね…」と同意していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年11月9日のニュース