川内「この結果じゃあ胸は張れないですよね」強豪のペース変動の激しさ実感

[ 2014年11月4日 15:57 ]

帰国した川内

 2日のニューヨークシティー・マラソンで2時間16分41秒の11位に終わった川内優輝(27=埼玉県庁)が4日、成田空港に帰国した。

 今年自己ワーストタイムでの惨敗で、反省の意を表現するためか、階段裏の狭いスペースで背中をやや丸めながら取材に応じた。「この結果じゃあ胸は張れないですよね…」。

 前世界記録保持者のキプサングや五輪&世界選手権王者のキプロティチら世界の強豪が集ったレースで、ペース変動の激しさを実感。「ペースの変化がすごかった。(1キロ)3分20秒から2分55秒に上がったり。ペース変化の動きを練習で取り入れていきたい」と成長を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年11月4日のニュース