帝京大、明大が5戦全勝 関東大学ラグビー対抗戦

[ 2014年11月2日 18:03 ]

 ラグビーの関東大学リーグは2日、東京・秩父宮ラグビー場で対抗戦の2試合が行われ、帝京大が早大に55―11、明大は慶大に40―17で勝ち、ともに5戦全勝とした。両校は16日に対戦し、勝つと優勝が確定する。慶大と早大は初黒星を喫して4勝1敗となった。

 対抗戦4連覇を狙う帝京大は計8トライを奪って早大を圧倒した。55失点、44点差での敗戦は早大の対抗戦史上最多。明大は7点リードで迎えた後半に4トライを挙げて慶大を突き放した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年11月2日のニュース