富樫 ウォリアーズからドラフト指名もレジェンズにトレード

[ 2014年11月2日 17:54 ]

Dリーグのテキサス・レジェンズにトレードされた富樫勇樹

 NBAの下部リーグ、Dリーグのドラフトが1日、行われ、日本代表ガードの富樫勇樹(21)は2巡目でウォリアーズと契約するサンタクルーズ・ウォリアーズに指名された。だが、その後マーベリクスと提携しているテキサス・レジェンズにトレードされた。

 富樫も自身のツイッターで「今日行われたNBDLのドラフトでサンタクルーズ・ウォリアーズに二巡目で指名されましたが、テキサス・レジェンズにトレードされました。色々サプライズがありましたが、レジェンズでプレーできることを凄く嬉しく思います。みなさんの期待にこたえられるように頑張ります」と報告している。

 富樫は今夏、マーベリクスのキャンプに参加し10月15日に契約。だが、21日に出場選手登録から外されDリーグのテキサス・レジェンズでプレーすることになっていた。Dリーグは14日に開幕する。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年11月2日のニュース