山梨学院大 オムワンバ「きつかった」本戦で雪辱誓う

[ 2014年10月19日 05:30 ]

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

(10月18日 陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園の20キロ)
 山梨学院大は1位通過に届かず、4位で本戦へ駒を進めた。前回大会は2区のオムワンバが故障して途中棄権。無念のレース以来、ロードを駆けたオムワンバは58分34秒で2位に入った。

 「きつかった」と振り返り「2区を走って区間賞を獲りたい」とリベンジを誓った。主将の井上は「自分自身や応援してくれている人に、もう悔しい思いはさせたくない」と気合を入れていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年10月19日のニュース