高橋大輔 現役に未練も 復帰示唆…ファンには謝罪「申し訳ない」

[ 2014年10月14日 15:04 ]

岡山市内で開かれたイベントに参加し、会場に入るフィギュアスケートの高橋大輔

 フィギュアスケートのバンクーバー冬季五輪銅メダリストで世界選手権王者にも輝いた高橋大輔(28=関大大学院)が14日、岡山市内で会見。現役を引退することを表明した。

 引退の大きな理由はなく「今後のことをしゃべっていくうちに」9月中旬に決断した。ケガよりも、モチベーションを保つ難しさは認めた。

 現役最後の競技は今年2月のソチ五輪になった。「ファンの方の心の準備がないままに、引退という形を取ってしまって、申し訳ない気持ち。引退です、という形で競技をお見せできなかったことは後悔しています」と謝罪。

 一方「正直、現役に未練がないわけではないので。チャンスが全くなくなったわけではなく、一度、復帰できるということもあって、スッキリした段階から、競技に戻りたいのか、全然違う道を歩むのか」と語り、復帰の可能性も示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年10月14日のニュース