53キロ級・吉田215キロで初V 台風の影響で12競技行われず

[ 2014年10月14日 05:30 ]

 国民体育大会は13日、長崎県立総合体育館ほかで競技が始まり、重量挙げの成年53キロ級は吉田真弘(福島・デイサービスセンターいしかわ)がトータル215キロで初制覇した。同69キロ級は笠井武広(山梨・中大)がジャークで大会記録を1キロ更新する171キロを挙げ、トータル304キロで優勝した。

 卓球成年男子では、今年4~5月の世界選手権団体戦銅メダルの丹羽孝希(明大)を擁する青森が1次リーグ初戦で鳥取を3―0で下し、白星スタートした。

 台風の影響でゴルフなど12競技が行われなかった。日本女子ツアー最年少優勝記録保持者、勝みなみ(16=鹿児島高)が出場するゴルフは14日の1ラウンドの結果で順位が決まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年10月14日のニュース