白鵬9連勝で単独首位 鶴竜初黒星、稀勢2敗目

[ 2014年9月22日 19:10 ]

 大相撲秋場所9日目(22日・両国国技館)横綱白鵬が宝富士を難なく寄り切り、9連勝で単独首位に立った。横綱鶴竜は平幕嘉風に押し出されて初黒星を喫した。嘉風は先場所に続く2個目の金星。

 大関対決で稀勢の里は豪栄道の首投げに屈し、2敗に後退した。豪栄道は6勝目。大関琴奨菊は白星を先行させた。新小結の千代大龍、ホープの遠藤は負け越しが決まった。

 無敗の白鵬を1敗で鶴竜と新入幕の逸ノ城が追う。十両は栃ノ心が9連勝で単独トップ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年9月22日のニュース