落胆のウォズニアッキ 全米に続いて準優勝「相手のプレーが上だった」

[ 2014年9月21日 15:48 ]

東レ・パンパシフィック・オープン女子シングルス決勝 ウォズニアッキ0―2イバノビッチ

(9月21日 東京・有明コロシアム)
 全米オープンに続いて準優勝に終わり、タイトルに届かなかったウォズニアッキは落胆の色を隠せなかった。「試合を通して相手のプレーが上だった」と、敗因を語る声も弱々しかった。

 第2セットは巻き返すチャンスもあったが、要所で攻めきることができなかった。「大事なポイントで勢いをつかむことができなかった」と詰めの甘さを悔やんだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年9月21日のニュース