×

フェデラー完敗「自分はベストのプレーができなかった」

[ 2014年9月7日 14:45 ]

全米オープンテニス男子シングルス準決勝

(9月6日 ニューヨーク)
 四大大会で17度の優勝を誇るフェデラーはストレート負けで決勝進出を逃した。チリッチの強烈なサーブに苦しみ、序盤から流れをつかめなかった。わずか1時間45分で敗れ「自分はベストのプレーができなかった。彼は積極的にプレーした」と肩を落とした。

 33歳のベテランは、ともに四大大会で初の決勝進出となるチリッチと錦織の顔合わせを「面白くなる」と予想。錦織については「驚きではない。彼が17歳のときに一緒にプレーしたが、当時から信じられない才能を持っていた」とたたえた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年9月7日のニュース