×

デンソー ウィギンズがサヨナラ弾「気持ち強く持った」

[ 2014年9月7日 05:30 ]

日本女子ソフトボールリーグ デンソー2―1SGホールディングスグループ

(9月6日)
 デンソーは同点の7回に先頭の4番・ウィギンズが右越えサヨナラ本塁打で決着をつけた。「カウント3―1で惜しい当たり(ファウル)があって“次は打つ”と気持ちを強く持った。結果が出てうれしい」と主砲の役目を果たして満足げ。森沢隆行監督は「先発のジョーリン(ヘンダーソン)がよく1点で粘ってくれた。いいところで一本出たけど、打線全体にエンジンのかかりが遅い。どんどん行かないと」と表情を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年9月7日のニュース