×

“ユニクロ対決”の準決勝 公式ツイッターが錦織祝福

[ 2014年9月7日 05:00 ]

試合を終え握手するジョコビッチ(左)と錦織(AP)

全米オープンテニス第13日男子シングルス準決勝 錦織圭3―1ノバク・ジョコビッチ

(9月6日 ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 試合ウエアは錦織、ジョコビッチともにカジュアル衣料ブランド「ユニクロ」が提供する“ユニクロ対決”となった準決勝。同社の公式ツイッターは錦織の勝利を祝福した。

 試合開始当初は赤のボーダーウエアの錦織に対し、ジョコビッチは白いウエアだったが、第2セット途中で錦織が白のウエアに着替え。リストバンドの色も似通っていたため、中盤からは両者非常に似た装いで戦う一戦となった。

 ユニクロの公式ツイッターは試合が終わるとすぐに「全米オープンテニス、錦織圭選手(@keinishikori )が世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手との激闘を制し、決勝進出です!おめでとうございます!!!!」とツイート。ウエアを提供する2人の健闘と錦織の決勝進出を祝った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年9月7日のニュース