×

錦織 日本選手初4大大会決勝進出!ジョコビッチ下し快挙

[ 2014年9月7日 04:06 ]

決勝進出を決め両手を挙げて喜ぶ錦織(AP)

 全米オープンテニス第13日は6日(日本時間7日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝は第10シードの錦織圭(24=日清食品)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)と対戦し、6―4、1―6、7―6、6―3のセットカウント3―1で撃破。日本選手として史上初めて4大大会の決勝進出を決めた。

 第1セットは第7ゲームをブレークし波に乗ると、その後もサービスゲームをキープし6―4で第1セットを先取。積極的なリターンがライン際に決まり主導権を握った。

 第2セットは第3ゲームでブレークを許すと5ゲーム連続で落とし1―6で第2セットを奪われた。長いラリーとなった際に絶妙なドロップショットを織り交ぜるなどするジョコビッチの技に翻ろうされた。

 第3セットはともにキープが続き、第8ゲームで錦織がブレーク。第9ゲームはジョコビッチがブレークすると両者譲らずキープが続き、6―6でタイブレークへ。4ポイント先取した錦織が7―4で逃げ切りこのセットを制した。

 第4セットは錦織がいきなりブレークし、その後は錦織がサービスゲームをきっちりキープ。第10ゲームをブレークし、日本人初の偉業を達成した。

 錦織とジョコビッチは2011年11月のスイス室内・準決勝で対戦。ジョコビッチが肩の故障を抱えていた影響もあり、当時世界ランキング32位の錦織が2―6、7―6、6―0で世界1位を破る大金星を挙げた。10年5月の全仏オープンでは2回戦で激突し、1―6、4―6、4―6のストレート負け。3度目の対決をを制し、通算成績を2勝1敗とした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年9月7日のニュース