錦織 準決勝はジョコビッチと激突 11年に金星、対戦成績1勝1敗

[ 2014年9月4日 14:39 ]

全米オープン男子シングルス準々決勝でマリーを下し、ベスト4進出を決めた第1シードのジョコビッチ(AP)

テニス全米オープン第10日 ジョコビッチ3―1マリー

(9月3日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 3日に行われた全米オープンテニス男子シングルス準々決勝で第3シードのスタニスラス・ワウリンカ(29=スイス)を下し、日本選手として96年ぶり4強進出の快挙を成し遂げた錦織圭(24=日清食品)。初の決勝進出を懸け、6日(日本時間7日)に行われる準決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)と対戦する。

 ジョコビッチは3日の準々決勝で第8シードのアンディ・マリー(27=英国)を7―6、6―7、6―2、6―4で下した。

 錦織とジョコビッチは2011年11月のスイス室内・準決勝で対戦。ジョコビッチが肩の故障を抱えていた影響もあり、当時世界ランキング32位の錦織が2―6、7―6、6―0で世界1位を破る大金星を挙げた。10年5月の全仏オープンでは2回戦で激突し、1―6、4―6、4―6のストレート負け。通算成績は1勝1敗で、今回が3度目の対戦となる。今年3月のソニー・オープンでは準決勝で対戦予定だったが、錦織が左脚付け根の痛みのため棄権している。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年9月4日のニュース