偉業にも浮かれず…錦織「喜ぶ元気もなかった まだ4強の実感ない」

[ 2014年9月4日 11:36 ]

試合中、顔に水をかける錦織(AP)

テニス全米オープン第10日

(9月3日 ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 96年ぶりの偉業を達成した錦織は冷静に試合展開などを振り返り、浮かれた様子はなかった。

 ―勝った瞬間は。

 「疲れていて、喜ぶ元気もなかった。まだ4強の実感はわかないが、四大大会で(世界ランキングの)トップ10を2人破ったのは評価できる」

 ―最終第5セットは。

 「ブレークポイントをしのぐので精いっぱい。(第10ゲームは)腰を落としてリターンに集中した。最後にチャンスが来て、2本目で決められてうれしかった」

 ―相手のバックハンドをどう攻略したのか。

 「バックのクロスのラリーには自信があったけど、相手は急に角度をつけたり、ストレートで来たりうまかった。最後はフォアの方にうまく揺さぶることができたし、打ち合いにも負けなかったので自信になる」

 ―8強から4強に進めた要因は。

 「今回は諦めずに最後まで戦えたこと。出だしが悪い中でも自分で考えて調子を戻して、最後にギアを上げられた。疲れている中でも集中してできたことが、前回(2年前の全豪オープン準々決勝)はなかったことだった」(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年9月4日のニュース