福原、若宮組が女子複優勝 チェコ・オープン

[ 2014年8月31日 23:11 ]

 卓球のチェコ・オープンは31日、チェコのオロモウツで行われ、女子ダブルス決勝で福原愛(ANA)若宮三紗子(日本生命)組がドイツのペアを下して優勝した。福原はシングルス決勝で、石川佳純(全農)は同準決勝でともにエリザベータ・サマラ(ルーマニア)に敗れた。

 男子ダブルス決勝では森薗政崇(明大)大島祐哉(早大)組が、上田仁(協和発酵キリン)吉村真晴(愛知工大)組を破って優勝。シングルスの丹羽孝希(明大)は準決勝でポルトガル選手に屈した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年8月31日のニュース