藤田、プレーオフ制し今季2勝目 念願の地元V

[ 2014年8月31日 16:29 ]

プレーオフを制し優勝した藤田は優勝カップを手に笑顔

 男子ゴルフのアールズエバーラスティングKBCオーガスタ最終日は31日、福岡・芥屋GC(7150ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、17位で出た藤田寛之が65で回り、通算12アンダーの276で並んだ梁津万(中国)とのプレーオフを制して、今季ツアー2勝目を挙げた。

 通算17勝目で、賞金2200万円を獲得。プレーオフはともにパーが続き、5ホール目で藤田はパー、梁津万がパーパットを外し、決着した。

 前日首位の金亨成(韓国)は72と伸ばせず、宮里優作や塚田陽亮、武藤俊憲とともに通算11アンダーの3位だった。

 ▼藤田寛之の話 とにかく我慢しようと思ってプレーした。本当に勝ちたい試合の一つだった。(地元の)福岡で優勝することは念願だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年8月31日のニュース