松山73「大変な一日」伸ばすべきパー5で2ボギー

[ 2014年8月31日 05:30 ]

第1ラウンド、18番でバンカー脱出に失敗する松山

USPGAツアードイツ銀行選手権第1日

(8月29日 米マサチューセッツ州ノートン TPCボストン=7216ヤード、パー71)
 スコアを伸ばすべき計3つのパー5で、2ボギーを叩いたのが痛かった。2オーバーの73に「スコア的に良くなかったのでつまらなかった。大変な一日だった」とムッとした。

 1番パー4で第2打を50センチにつけてバーディー発進したものの、2番パー5は残り117ヤードからグリーンを捉えられず、アプローチにも失敗。最終18番パー5は右手前のバンカーから脱出に2打を要し「そんなに難しい感じではなかったのに、ああいうミスをしている時点で駄目」と声をとがらせた。

 前週苦しんだパットも31パットと数字上は改善が見られない。ただ「自分自身が思う極端なミスパットはなかった。良くなりかけている」と、この点では明るい兆しを感じた様子だ。「しっかり調整したい」と、プレー後はすぐに練習場へ向かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年8月31日のニュース