高谷兄弟同日メダル狙う 74キロ級兄に65キロ級弟

[ 2014年8月31日 05:30 ]

世界選手権に向けて練習する高谷大地(左)

 高谷兄弟が世界一を狙う。レスリングの世界選手権(9月8日開幕、ウズベキスタン)と仁川アジア大会(競技は9月27日から)の男子フリースタイル代表が合宿を公開し、スパーリング形式の練習で汗を流した。

 兄弟で世界選手権に出場するロンドン五輪代表で74キロ級の高谷惣亮(25=ALSOK)は8月中旬に構えを修正し「タックルが凄く切れる」と好感触。絶好調をキープしており「弟の前でしようもない試合はできない。金メダルしか獲りたくない」と力を込めた。初出場で65キロ級の弟・大地(19=拓大)は「同じ日の試合なので兄弟でメダルを獲る」と意気込んだ。大地は「ももいろクローバーZ」のファンで高城れに推し。「(兄と比べて)凡人顔」と話す19歳が“ももクロ級”パフォーマンスで頂点を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年8月31日のニュース