フリーは「オペラ座の怪人」!羽生が新プログラムを披露

[ 2014年8月8日 09:47 ]

氷上練習で笑顔を見せる羽生結弦

 フィギュアスケート男子でソチ冬季五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が7日、カナダのトロントで練習を公開し、初めて披露したフリープログラム「オペラ座の怪人」について「中学生の時から好きな曲で思い入れが強い。僕なりのファントム(主人公の怪人)を見てもらいたい」と、新シーズンへの意気込みを語った。

 オフにはアイスショーが続いて本調子にはまだ遠かったが、カナダ人コーチのブライアン・オーサー氏の指導を受けながら約2時間の氷上練習に取り組んだ。

 フリーは今季から使用できるボーカル入りの曲で、前半にサルコーとトーループの4回転ジャンプを跳び、後半に2度の3回転半ジャンプと、4回転トーループのコンビネーションを組み込んだ。スタミナが要求される高難度の構成は完成の途上だが「体力をつけて、絶対につくり上げたい」と語った。10月のフィンランディア杯(エスポー=フィンランド)で初戦を迎える。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年8月8日のニュース