加藤世界Jrで男子400メートル日本初銀

[ 2014年7月26日 05:30 ]

陸上 世界ジュニア選手権第3日

(7月24日 米オレゴン州ユージン)
 24日の男子400メートルで加藤修也(早大)が46秒17で、この種目の日本勢で初の銀メダルを獲得。油井快晴(順大)は47秒08で7位だった。

 走り幅跳びの城山正太郎(東海大北海道)は7メートル83(追い風参考)で3位に入った。佐久間滉大(神奈川・法政二高)は7メートル71で5位。1、2位は中国勢が占めた。

 女子は3000メートルで高松望ムセンビ(大阪薫英女学院高)が9分2秒85で4位、山本菜緒(静岡・常葉学園菊川高)は9分24秒41で11位。

 やり投げの当間汐織(九州共立大)は50メートル72で9位だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年7月26日のニュース