同性愛告白のソープ氏へ 英女優「すべてがうまくいくといいわね」

[ 2014年7月13日 20:21 ]

 オーストラリアのテレビ局「ネットワーク・テン」のインタビューで自身が同性愛者であることを告白した競泳のイアン・ソープ氏(31)に対して各方面から様々な反応があった。

 イギリス出身の女優マグダ・ズバンスキーは自身のツイッターで「ソープ氏の告白に誇りと喜びを感じる。すべてがうまくいくといいわね」とエールを送り、ソープ氏と同郷のオーストラリア女子競泳選手、ステファニー・ライスも同様に自身のツイッターで「私の中ではこれからもずっと彼はスーパースター」とその告白を支持した。

 オーストラリアで結婚平等法(同性愛カップルの結婚を合法とする法律)を支持する団体の代表であるロドニー・クローム氏は「葛藤があったのだろう。オーストラリア国民は彼を支持してほしい。彼が同性愛者を告白したからといって偉大な五輪選手であることには変わりない」と語り、「変える必要があるのは、この偉大な五輪選手にしっかりとした権利を与えない法律だ」と同性愛カップルの結婚を非合法とするオーストラリアの法律を批判した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年7月13日のニュース