川内 1500メートルで初V「勝つことが大事と思っていた」

[ 2014年6月29日 15:55 ]

ファンの女性に囲まれ、笑みを浮かべる 川内
Photo By スポニチ

 今秋のアジア大会(韓国・仁川)の男子マラソン代表・川内優輝(27=埼玉県庁)が29日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた埼玉県選手権の1500メートルに出場。予選を3分55秒81のトップで通過すると決勝も3分56秒48で制し、嬉しい初優勝を飾った。

 自己ベストの3分50秒51には及ばなかったものの、「タイトルが取れてすごく嬉しい。勝つことが大事と思っていたし、予定通り。マラソンランナーはマラソンばっかり走っているわけじゃないっ!」と笑みを浮かべた。7月6日には連覇のかかるゴールドコーストマラソン(オーストラリア)に出場する。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2014年6月29日のニュース