福原愛 復帰戦の韓国OPへ出発 左足は「ほぼ完治」

[ 2014年6月10日 10:12 ]

復帰戦となる韓国オープンに向けて意気込みを語る福原

 卓球女子の福原愛(25=ANA)が11日開幕の韓国オープンに向けて羽田発の航空機で出発した。

 2月に左足第5中足骨疲労骨折で全治3カ月と診断され、JA全農世界卓球団体戦を欠場し、1月の日本選手権以来約5カ月ぶりの復帰戦。「やっとここまで来れたなという感じ。(医者の)先生には95%、ほぼ完治と太鼓判を押してもらった」と笑顔をのぞかせた。

 リハビリ中もラケットを使った練習は続けてきたが、下半身のステップを伴った練習は「10日前くらい」から再開したという。今遠征にはカルシウムのサプリメントの他に、大量の小魚を持ち込んだ。「自分でパッキングしていて笑っちゃうくらい。ふりかけも小魚」と骨太対策もバッチリ。復帰戦では馬場(旧姓星野)美香・新コーチ(48)も初めてベンチに座る。「毎日が勉強することばかり。現状を把握するためにも今できる最大限のことをやって勝ちたい」と試合を待ちきれない様子で語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年6月10日のニュース