プルシェンコ 現役続行へ!来季の代表メンバー入り

[ 2014年6月8日 15:06 ]

 ロシア・フィギュアスケート連盟は7日、来季の代表メンバーを発表し、2月のソチ冬季五輪で引退を表明し、その後現役続行を明らかにしたエフゲニー・プルシェンコ(31)もメンバー入りした。

 プルシェンコはソチ五輪でロシアの団体金メダル獲得に貢献。個人戦はショートプログラム(SP)を腰の故障で棄権して引退を表明したが、その後イスラエルで手術に成功。5月から練習を開始し、現役続行に意欲を示していた。

 そのほかの男子はセルゲイ・ボロノフ、アルトゥール・ガチンスキー、マキシム・コフトゥン、コンスタンチン・メンショフ、アディアン・ピトキーエフ。女子はユリア・リプニツカヤ、アンナ・ポゴリラヤ、エレーナ・ラジオノワ、アデリナ・ソトニコワがメンバー入りしている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年6月8日のニュース