堤義明氏 東京五輪組織委の特別顧問に 5日理事会で決定

[ 2014年6月5日 05:30 ]

堤義明氏

 20年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会に助言する「顧問会議」で、安倍晋三首相らが就く最高顧問に次ぐポストの特別顧問に、西武グループの元総帥で日本オリンピック委員会(JOC)初代会長を務めた堤義明氏(80)が就任することが関係者の話で分かった。

 5日の理事会で決まる。日本体協から独立後の89年から90年までJOC会長を務めた堤氏は、国際オリンピック委員会の故サマランチ元会長と親交が深く、98年長野冬季五輪の招致成功に尽力。昨年、JOCの最高顧問となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年6月5日のニュース