アマ堀琴音が2位! ツアー初の姉妹Vへ最終日最終組

[ 2014年5月25日 05:30 ]

14番、バーディーパットの行方を見る堀琴音

女子ゴルフツアー中京テレビ・ブリヂストン・レディース第2日

(5月24日 愛知県豊田市 中京ゴルフ倶楽部石野コース=6459ヤード、パー72)
 アマチュアの堀琴音(18=兵庫県連盟)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算5アンダーで10位から4人が並ぶ2位に浮上した。強気なパットが奏功し、スコアを伸ばした。トップのアン・ソンジュ(26=韓国)を逆転すれば、史上5人目のアマチュアVとともに、2勝を挙げている姉・奈津佳(21=サマンサタバサ)に続くツアー史上初の姉妹V。4位だったサイバーエージェント・レディースに続く、出場2試合連続の最終日最終組で快挙を狙う。
【第2R成績】

 これはもう本物だ。アマチュアの堀がまた優勝争いに加わった。2、3番に連続ボギーを叩いたが、4番のパーの後にジュースを飲んで深く深呼吸。「5番から1ホール目と思ってやり直した」と切り替えの早さで再びゲームに集中した。その後は5つのバーディー。ボギーはゼロに抑えた。

 「後半にボギーを打たなかったことに満足しています」

 あどけない表情とは対照的な物おじしない態度が頼もしい。18番のバーディートライでは7メートルの複雑なスネークラインに「最初のフックがどれだけか分からなかった。ほぼストレートで強く打ちました」とラインを消すよう強く打ち、カップの奥に当ててねじ込んだ。

 史上5人目のアマチュアVはもちろんのこと、ツアー史上初の“姉妹V”にも期待がかかる。姉・奈津佳が42位タイにとどまる中、上位は首位から3打差以内に17人がひしめく大混戦。「サイバーエージェントの最終日はバタバタした。大人のように落ち着いて回れれば」。V争いはつい3週間前のこと。首位から失速して4位に終わった反省は十分にした。同じ失敗は繰り返さないつもりだ。

 ≪史上3番目≫堀が優勝すれば、18歳83日で史上3番目の年少記録となる。1位は4月のKKT杯バンテリンレディースで優勝した勝みなみの15歳293日。アマ選手が出場2試合続けて最終日最終組に入るのは堀で2人目(ペアリングデータが残る02年8月以降)。柏原明日架が前週ほけんの窓口レディースで果たした。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2014年5月25日のニュース