早大出で78年ぶり関取 元幕内皇風が引退

[ 2014年5月21日 12:11 ]

 早大出身では78年ぶり2人目の関取として話題を呼んだ大相撲の元幕内皇風(27)=本名直江俊司、東京都出身、尾車部屋=が夏場所11日目の21日、日本相撲協会に引退届を提出した。体力と気力の限界が理由で、西幕下51枚目の今場所は休場していた。

 皇風は2009年初場所に早大から70年ぶり3人目の力士として初土俵を踏んだ。突き、押しを生かして11年秋場所に新十両、12年夏場所で新入幕を果たした。幕内在位は1場所だった。引退後は相撲協会に残らない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年5月21日のニュース