舛ノ山 息が切れそうに…「クラクラする」負け越し回避

[ 2014年5月21日 05:30 ]

大相撲夏場所10日目

(5月20日 東京・両国国技館)
 舛ノ山が全力相撲で負け越しを逃れた。食いつかれても突っ張ろうとする舛ノ山に対し、組もうとする双大竜が激しい攻防。息が切れそうになった舛ノ山は隙を突かれ左を差されたが、抱え込むようにしてこん身の小手投げで転がした。

 支度部屋では「きつかった。クラクラする」と余裕がなさそうな表情だった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年5月21日のニュース