添田が途中棄権、伊藤、守屋も敗退 全仏オープン予選

[ 2014年5月21日 00:56 ]

 テニスの全仏オープン予選は20日、パリのローランギャロスで始まり、男子シングルス1回戦で世界ランキング103位の第5シード、添田豪(GODAITC)はクロアチア選手と対戦し、7―6、0―6、1―4となったところで途中棄権した。

 伊藤竜馬(北日本物産)は3―6、6―4、4―6でイタリア選手に競り負け、守屋宏紀(北日本物産)はオーストリア選手に1―6、0―6と完敗した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年5月21日のニュース