悩める高橋大輔 進退結論は急がず「ゆっくり、じっくり考える」

[ 2014年4月21日 19:12 ]

関大での表彰式とトークイベントに出席した(左から)町田樹、織田信成さん、高橋大輔
Photo By スポニチ

 去就が注目されているフィギュアスケートの高橋大輔(28=関大大学院)が21日、大阪府吹田市の関大キャンパス内での学長表彰式に出席した。

 壇上でスピーチした高橋は「(ソチ五輪で)メダルを持ってこれなかったですが、精いっぱいやった。悔いが残っていると言えば残っていますが、思い切りやりきれた。進退は自分自身でも決めかねている。間違いないように、ゆっくり、じっくり考えて自分の人生を考えていきたい」と、依然、結論に達していないことを明らかにした。

 高橋は10年バンクーバー五輪の銅メダリストで、ソチ五輪は6位。右膝故障で3月の世界選手権は出場を見送った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年4月21日のニュース