宮里優作 「最後は手が震えた」 年またぎで国内連勝

[ 2014年4月20日 14:06 ]

今季初優勝を決め、家族に向かってガッツポーズをする宮里優作

 男子ゴルフの国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で宮里優作がツアー通算2勝目を挙げた。1打差2位から出た宮里は1番から5連続バーディーを奪い、単独首位に躍り出るとその後もスコアを伸ばし、通算14アンダーで逃げ切った。

 昨年のツアー最終戦「日本シリーズ」で初Vを遂げたのに続き、年またぎでの国内連勝。これまで何度も優勝を逃してきた宮里が完全に殻を破った。

 ▼宮里優作の話 ホッとした。最後は手が震えた。1勝目より2勝目の方が難しいと言われるが、凄く感じた。2勝、3勝と積み重ねて強いゴルファーになっていきたい。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年4月20日のニュース