×

松山 今後も国内拠点は仙台!東北福祉大監督が明言

[ 2014年3月18日 05:30 ]

 松山が今後も国内拠点を“第二の故郷”に置くことを決めた。

 都内での日本ゴルフ協会のJGAアカデミック・ゴルフ・アウォードに出席した東北福祉大の阿部靖彦ゴルフ部監督が松山に関して「今後も日本の拠点は仙台」と明言。今季から日本ゴルフツアー機構の規定が改定され海外ツアーのシード選手と複数年シード保持者は年間で5試合の国内ツアーの出場義務を負うことになり、米ツアーを主戦場にする松山も対象となった。松山は20日に卒業式に出席するが、阿部監督は「卒業後もゴルフ部の施設は利用できる」と説明し国内ツアーに参戦する際にバックアップする考えを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年3月18日のニュース