×

プロ目指す中3・工藤 ノーボギー、5アンダーでV

[ 2014年3月18日 05:30 ]

記念撮影する各ブロックの優勝者たち(左から)稲見、大石、工藤

スポニチ主催平成25年度関東中学校ゴルフ選手権春季大会女子

(3月17日 千葉県茂原市 真名カントリークラブ Aブロック=5777ヤード、B=5743ヤード、C=5760ヤード、パー72)
 3ブロックに分かれて争われ、Aブロックは稲見萌寧(東京・東深沢2年)Bブロックは大石彩未(長野・丸ノ内3年)Cブロックは工藤優海(千葉・麗沢3年)がいずれも5アンダー、67の好スコアで優勝した。各ブロックともシード選手を除く上位6人が26日からの全国大会(滋賀・瀬田GC)への出場権を獲得した。

 Cブロック優勝の工藤はグリーンを外したのは11番の1ホールだけ。5バーディー、ノーボギーの67に「ショットはあまり良くなかったのですが、スコアには満足しています」と笑みがこぼれた。小学4年でゴルフを始め、将来はプロを目指している。現在は毎日の練習に加え、松戸市の自宅から柏市の学校まで約40分かけて自転車で通っている。昨夏の全国大会は、団体戦で中心選手として日本一に貢献したが個人戦には出場できず、「中学最後の試合なので、瀬田では個人戦の悔しさを晴らしたい」と雪辱を誓っていた。

 ▼Aブロック優勝・稲見萌寧 ベストスコアを出しての優勝なので、本当にうれしい。一緒に練習してきたみんなのおかげです。全国大会では2日間ともにアンダーパーを目指します。

 ▼Bブロック優勝・大石彩未 6位以内を目標にしていたのでうれしい。第2打の方向性が良く、グリーンを外さなかったし、パターも入りました。全国大会では一打一打を丁寧にプレーしたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年3月18日のニュース