×

全米OP日本最終予選 奈良国際GCで開催を発表

[ 2014年3月18日 05:30 ]

 日本ゴルフ協会は男子のメジャー第2戦、全米オープン選手権(6月12~15日、ノースカロライナ州)の日本地区最終予選会を5月26日に奈良市の奈良国際GCで開催すると発表した。

 最終予選会は36ホールで争われ、通過選手数は当日発表される予定。昨年は5人だった。5月26日と6月9日時点での世界ランキングで60位以内に入った選手は、本戦の出場権を自動的に得る。昨年の本戦で10位の松山英樹は出場権を獲得している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2014年3月18日のニュース